初めての試みで学んだこと(共同募金)

福祉現場の方にお勧め 社協
スポンサーリンク

こんにちは、やっくんです。

今年は6年ぶりに共同募金担当者となり、当時何してたかなと資料を読み漁る日が続きましたが、次第に同じ事をしても何も当時と変わらないよなぁと感じ、より多くの方に知ってもらえるよう新しい挑戦を決意!!

新しい事なので、何から手をつけたらよいかさっぱり分からず、時間が過ぎていく日々でしたが、中途半端にするよりはしっかり考える事を優先。

特に考える時間をかけたのは、

何のためにするのか。

実施した後、この企画内容をどう活かすのか

この2点をしっかり考えていきました!!

比較的に新しい事をする時は、「時間がかかる」や「労力が倍になる」と言われていますが、本当にその通り笑

何度かもうこのまましれっといつも通りの業務を回すのにいっぱいでしたと流そうかとも考えることもありましたが、これをしないためにも自分から逃げる道を遮断する道を作ることに。

それは事業計画書を内部会議に出し提案する機会を作りました。

上司と予め相談をしてからでしたが、ここで出すことで自分から撤退する道を遮断し、前に進む今年からできなくしました。

若い世代からお年寄りまで楽しく気軽に募金に協力をしてくれる事を願って作ったくじ募金

思いが決まったことで、急ピッチで内容を詰めていきました。

今までは一人で考えていたことを、職場の人やターゲット層にあたる方に話をすると、新しい方法の案をいただける機会も作りました!!

ここまで出来たら次に景品選び!!

選ぶ前はワクワクしてましたが、いざはじめると時間がかかりました笑

ひきたいなと思う商品と予算にあうかの条件があるため、日々電卓と睨めっこ。

商品選びも自分よがりになってしまう可能性もあったため、身近な人に聞いたり、休日をつかってデパートをウロウロしたり、自分の子どもが何に興味あるのかみたりと、ヒントを探していました。

いよいよ形が出来て、次の段階は形を実現するために、いざ執行会議(理事会)に提案!!

初めての機会だったので、沢山質問はありましたが、もともと自分でいちから作ったものは思いや経緯がぶれることはなかったので、いつも以上にスムーズに返答出来たので、無事に通過!!

いよいよ実現が出来ることになると、一つ若い世代にPR出来ていなかったことに気づき、急遽宣伝PR動画を作成!!

10月1日、いよいよ開催!!

事務所の窓口や市のイベント、地域のイベントと様々な所でさせていただきました。

コロナ禍だった事もあり、大きなイベントは中止でしたが、だからこそ身近で募金に協力していただける方の顔を見る事も出来ました。

また最初の1ヶ月はなかなか活動が広まらなかったですが、ビラや実際にしてくれた方が口コミをしてくれることで徐々にしてくれる方が増えてきました。

まだ実績は計算中ですが、マイナスにはなっていない様子!!

終了して分かった事は、今人気のアニメキャラクター景品(共同募金とコラボした呪術廻戦クリアファイルや鬼滅の刃のゴミ箱など)を導入しましたが、まだまだ社協の事を知られていないなど

やってみて、まだまだ改善方法があることがわかりました。

また地区に出て、普段来られない層がくじ募金を目的に来られて以降、来る回数が増えたという話や普段見ない方がこの日のために来所され、元気にされている報告を聞くなど、共同募金募金の周知以外の成果もありました。

実施する前は色々批判も受けましたが、実施して新しい発見や可能性も見れましたし、何より協力していただいた方が楽しそうにしておられる姿を見れた事が嬉しかったです。

やらないで後悔するよりやって後悔する方が良いですし、何よりさせていただけた環境を作っていただけたことに感謝の一年です。

来年は出来るかはまだ分かりませんが、現状に満足することなく、一歩ずつ前に進み、誰かの笑顔にかえれるようにしたいなと思います。

思いを形に、その形を実現出来た一年になったかな。

来年はより色々な挑戦をしにいきたい!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました